2012年10月01日

#83 セントエルモの火【楽曲解説・歌詞解釈】

#83 セントエルモの火
アルバム『COSMONAUT』(10.12.15)収録 ― track.10

#82 66号線 『COSMONAUT』track.10 #84 angel fall

<<<歌詞へのリンク>>>

■基本的情報
6枚目のオリジナルアルバム『COSMONAUT』に初収録されたアルバム曲。2008年12月に作曲された「3曲」のうちの2曲目。「HAPPY」と同時並行して作曲された。
タイトルの「セントエルモの火」は、悪天候時などに船のマストの先端が発光(放電)する現象の名だが、基本的にはギリシア神話の「アルゴー船の神話」からイメージしていると思われる。また、この楽曲は演奏が難しいことをメンバーが度々公言しており、ライブではまだ一度も披露されたことがない。


■一般的解釈
インタビュー等でも「どのような内容の歌詞」なのかが一切明言されていない曲。一般的にファンの間では、メンバーである升秀夫のことを藤原が描いた曲ではないかとされている。藤原はこれまでにも、こちらは明言する形で「キャッチボール(増川)」「ベンチとコーヒー(直井)」など、他のメンバーのことをイメージして楽曲を制作したことがあるが、升をイメージして作曲されたものはこれまで一度も無かった。
そう言われる所以のひとつは、2008年夏に、藤原が升と富士山登山に行ったというエピソードがラジオなどで語られていること。藤原は初めての富士山登頂で、同じく経験がない升には内緒で、同じ日にすこし遅れて升の後ろを登っていったという。これは、楽曲全体が登山をイメージさせる歌詞である「セントエルモの火」の特徴と一致する。何よりも、『COSMONAUT』の歌詞カードでは、「セントエルモの火」の歌詞の隣に富士山の写真が使われているのだ。
タイトルの「セントエルモの火」は、前述の通り「アルゴー船の神話」をモチーフにしていると思われる。この神話の中では、「セントエルモの火」を「双子の神であるカストルとポルックス」と結びつけて語られている。「カストルとポルックス」はそのままふたご座のことであり、同アルバム収録の楽曲『宇宙飛行士への手紙』の一節、<ふたご座でのんびり地球が見たい>との関連性をイメージさせるものである。


■個人的読み解き
徹底的な情景描写と、主人公よりすこしだけ先に進む「君」への強い想いが描かれた楽曲です。
前述の通り、ドラムの升に捧げられた楽曲とみてほぼ間違いありませんが、個人的にはすごく意外にも感じられます。過去の楽曲である「ベンチとコーヒー」では、「いつも俺のことをお見通し」な直井への素直な想いを、「キャッチボール」では、「いじらしい君」である増川への想いをそれぞれ暖かく描いています。
しかし「セントエルモの火」における升への想いはやや異なり、「僕よりも先をゆく存在だ」「君がいたからここまで来れたんだ」「分かり合おうとしたら迷子になるぐらい、お互いややこしい関係だ」と、かなり強い言葉を使い、より踏み込んで歌っています。他のメンバーに対してもそう思っていないわけではないでしょうが、「BUMP OF CHICKEN」にそもそも自分を引き込んだ存在である「升」への思いは、藤原にとって特別であることを感じさせるような歌詞です。
楽曲そのものは、人生の旅路を山登りに仮託して描いています。例えば音楽、たとえば漫画――。分からないけれど、とにかくひとつの夢だとか、そういうものに対して、自分の「憧れ」であったり、「目標」であったり、「同士」であったりする“君”の存在。自分よりすこしだけ先を進む“君”を想いながら、同じ旅路を進む主人公。<立ち止まって知ったよ 笑うくらい寒いや ちゃんと上着持ってきたか>などの、ふとしたような情景描写が、本当の山登りと、人生の合間に立ち止まる人間の様子を見事にクロスフェードさせて表現しています。
秀逸なのは後半。<靴紐結びがてら少し休むよ どうでもいいけどさ 水筒って便利だ/寝転んでみた夜空に 静寂は笑って 月が滲んで揺れる/解らない何かで胸が一杯だ こんなに疲れても足は動いてくれる>――。この「解らない何か」という表現の上手さ! 辛い瞬間も、たくさんあるのに、どういうわけか足は動き続けてくれる。「水筒って便利だな」なんて、実にどうでもいいのにふっと感じてしまう何か、な描写も実に素敵です。この辺り、「Stage of the ground」の<孤独の果てに 立ち止まる時は/水筒のフタを 開ければ/出会いと別れを重ねた/自分の顔が ちゃんと写る>という一節も彷彿とさせる表現です。
自分よりすこし先を進む“君”。彼との距離はどれだけ離れているのだろう? 解らないけれど、でもそんな“君”には、自分が後ろから付いてきていることを、ちょっとだけ知っていて欲しい。いつも見えるのは君の後ろ姿だけ。ねぇ、今どんな顔してる?
ワタクシゴトですが、僕も、登山道こそ違えど、BUMP OF CHICKENと同じ山を今も登っています。彼らが歩いているから僕も、安心して……ではないけれど、でもある確信をもって、勝手に後ろをついて歩いてきています(音楽じゃないけどね)。ひとつの山の、たどり着くことの無い山頂に向けて、さまざまな人がいまも「少しだけ先の人物」を思いながら、登り続けている。そんな情景をイメージさせる、ほんとうに見事な歌詞と言えるでしょう。
インタビューで升は、この曲のことを「これはバンプ・オブ・チキンのドラマーとして、僕にとっては凄く大きな曲ですね」と語っています。また別のインタビューでは、「俺の感情は死んでなかったんだ」「俺はこの曲にふさわしくない人間になってしまったのかもしれないって思って(笑)」と話している場面も。一見演奏技術(ドラムがちょー難しい楽曲です)や、曲の良さそのものに対して言っているようにも感じられますが、この見方をしてみると、ちょっと違って聞こえてくる発言ですね。





※この楽曲に関するメンバーのインタビュー記事を集めています!
コメント欄に、必ず「出典の雑誌・ページ・発言者(例:MUSICA 2011年1月号 45ページ・藤原)」を添えて、ぜひお寄せ下さい。
ゆっくりペースで追加・追記してゆき、より充実した記事にしていきたいと考えています。


posted by ゆうろく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■『COSMONAUT』

2012年09月25日

#84 angel fall【楽曲解説・歌詞解釈】

#84 angel fall
アルバム『COSMONAUT』(10.12.15)収録 ― track.11

#83 セントエルモの火 『COSMONAUT』track.11 #75宇宙飛行士への手紙→

<歌詞へのリンク>

■基本的情報
6枚目のオリジナルアルバム『COSMONAUT』に初収録されたアルバム曲。2009年夏に作曲された。プロデューサーから「お題」をもらい作曲していた、いわゆる多作期に制作された楽曲。プロデューサーからのお題は「ゴスペル」だった。
タイトルの「angel fall」は、ベネズエラのカナイマ国立公園にある、世界最大の落差を誇る巨大な滝「エンジェルフォール」からそのまま名づけられている。藤原は、(畏怖的な意味で)「デカ過ぎるもの」という意味合いを込めて、直感的に名づけたと語っている。


■一般的解釈
藤原・その他メンバー共に明言していないが、事実上、藤原が最も敬愛したアーティスト、マイケル・ジャクソンをイメージして作られたとされる曲。
藤原は過去のインタビューで度々、自身の音楽体験のはじまりを、姉が好きだったマイケル・ジャクソンにあると公言している。また藤原が幼いころ風邪をひいた日に、姉のカセットデッキを自分の部屋に置いてもらい、寝たままずっと姉の洋楽を聴いていたというエピソードも語ったことがある。これは、歌詞中の<熱で休んだ 眠りの隙間に 銀色を纏う 一羽の小鳥>と一致する。
<言葉より声を 声より唄を 唄から心を 心の言葉を>という印象的な歌詞も、「洋楽なので歌詞の意味は聞き取れないが、声には魅了される。声は唄となり、唄からその人の心を知り、言語を超えてその人の心の言葉を聴く」というニュアンスにとれる。
<星より光 光を願い 祈る様に踊る 今は無い星を>、<ああ どうかいかないで いつまでもなくならないでいて>など、対象者の死をイメージさせる歌詞もあるが、マイケルが急逝したのは2009年5月であり、作曲時期的にも一致する。
後半は「あなたの戦い」について描いており、<栄光の中で 恥辱にまみれて 何度も壊されて 消えた小鳥の>という一節は、数々のスキャンダルに悩まされたマイケルをイメージして藤原の視点から描いたものととることが出来るだろう。
また、一部では、マイケルの楽曲である『Will You Be There』とこの楽曲の雰囲気が似ているという指摘もあり、なるほど、ちょっと似ているかもしれない。


■個人的読み解き
基本的なところは「一般的解釈」にも述べましたが、藤原のマイケルへの想いが美しい歌詞とともに綴られています。<臆病なあなた>や、<星より光り 光を願い 祈るように踊る>という箇所からは、藤原のマイケル観が透けて見えるようです。
この見方がとれると一気に解釈は簡単になり、ほぼ意味が通じない場所は出てこないといってもよいでしょう。
ただし、もちろんこの曲は藤原の個人的な想いから描かれてはいるものの、私たちは私たちで好きにこの登場人物たちを入れ替えて投影させて良いわけで、ありとあらゆる人々の、憧れた人々との別れ、そしてその人から受け取った光を、今も胸に抱き続けるというストーリーは、誰もが共鳴出来るところではないでしょうか。
藤原は普段、歌詞に改行を続けて入れないのですが、「angel fall」の歌詞では、最初の5行まですべて1行づつ歌詞に改行を入れています。ここからも、一節・一節づつの時間経過の長さや、藤原のこの箇所への想い入れの強さを感じさせます。
今はいない“スーパースター”を<星より光り>と表現し、それでいて<抱きしめた胸に>という一節からは、押し潰れてしまいそうに小さな、か弱い小鳥の姿を思い浮かばせます。相反するふたつのモチーフを両面から映し出した、実に見事な表現です。
独特の浮遊感も相まって、特に冒頭の優しい歌声が、強く強く星空に響いてゆくような物語歌詞です。




※この楽曲に関するメンバーのインタビュー記事を集めています!
コメント欄に、必ず「出典の雑誌・ページ・発言者(例:MUSICA 2011年1月号 45ページ・藤原)」を添えて、ぜひお寄せ下さい。
ゆっくりペースで追加・追記してゆき、より充実した記事にしていきたいと考えています。
posted by ゆうろく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■『COSMONAUT』

2012年09月24日

COSMONAUT

BUMP OF CHICKEN 6th Album
COSMONAUT
2010年12月15日 発売/3059円(税込み)

『COSMONAUT』収録曲の記事を格納するカテゴリです。

posted by ゆうろく at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■『COSMONAUT』

2012年08月25日

【個人的メモ】BUMP OF CHICKEN、インディーズ時代の未発表楽曲

結成すぐから千葉での活動、下北沢への進出までのBUMP OF CHICKENは、主にカバーと、藤原による英詩のオリジナル曲が中心だった。
1996年頃から『FLAME VEIN』直前の1998年末までに藤原が作曲したオリジナル楽曲のほとんどは、現在に至っても音源未発表のままである。
ただ、ごく初期のデモテープ音源や、早くからバンドに着目していたスペースシャワーTVなどのライブ映像収録・放映などで収録され、現在でも奇跡的にブートなどで出回る音源もいくつか現存している。
その他、「ヒストリーブック」(2004年にプレゼントとしてのみ制作された、メンバーがごく初期を振り返るインタビュー集)などで存在が示唆されている楽曲などを、まとめている。

■初期デモテープ音源、ブートなど聴くことが出来る
「BUMP OF CHICKENのテーマ」(「BUMP OF CHICKEN」とも紹介される)
「18 years story」
「トランス・ライフ」
「デザート・カントリー」
((バンド初のオリジナル、作詞は藤原単独ではなく、全員で)
「ホンコンスター(香港スター)」一部資料には藤原の最古の曲との表記もあるが不明)

■初期バージョン、「グロリアス〜」は英語詩版
「DANNY」(初の藤原単独による作詞・作曲)
「グロリアスレボリューション」


■曲名のみ確認、ヒストリーブックで藤原が明言しているもの
「ワースト・ライフ」
「モーニング・グロウ」
「サンシャイン」


いずれも1996年〜1998年頃までの作曲。「BUMP OF CHICKEN」を除き全て英語詩。

「デイ・ドリーム・ビリーバー(モンキース)」「コスモス(スパイパス)」「レット・イッ
ト・ビー(ビートルズ)」
は、カバー。
「グロウン・アップ・パーソン」はカバーのはずなのだが、オリジナルアーティストが分からない。ご存知の方ご教授頂けたら嬉しいです。
「弱虫賛歌」は藤原が17の時に書いた未発表曲で、のちの「バイバイサンキュー」。バンドとして演奏した記録が残っていないので載せていない。
※以上の楽曲以外は、基本的にデマ。これとは別にラジオなどで歌われたものが未発表曲とされることもある(カバーや即興曲など)。
posted by ゆうろく at 16:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ■BOC - コラム

2012年04月07日

ブログタイトル&デザイン変更のお知らせ

2012年4月12日をもって、このブログのタイトルを『notes -ばんひか・ウラひか・ごっちゃBOX!!』から、
『地球飛行士の航海日誌』に変更します。
また、ブログのデザインを同様に宇宙っぽく変更する予定です。

今後も変わらぬごひいきをお願い致します。
posted by ゆうろく at 20:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 執筆者よりお知らせ