2016年05月08日

『BFLY』ツアー|名古屋公演までのセトリ雑感



※この記事にはBUMP OF CHICKENが開催中のツアー『BFLY』のネタバレを含んでいます!ご注意ください


〜〜〜〜



今回の『BFLY』ツアー。初のスタジアムライブかつ『Butterflis』のレコ発ツアーということで、当然話題にはなっているのですが……。今回はセットリストがオール固定であり、またいわゆるレア曲がないということで、一部のガッツリ系ファンをざわつかせています。大阪での2公演、そして名古屋公演……。これまで、BUMP OF CHICKENのライブは少なくとも2パターンの固定セットリストをちょこちょこ動かすことが多く、少なくともアンコールについては総入れ替えしていたのですが、今回はアンコールも「天体観測」1曲固定となっています。ライブを重要視してきたバンプに変化が訪れてしまったのか!? というわけで、熱烈ファンの間では若干モチベーションが下がっている感は、確かにある、のですが……。

しかし実は、セットリストが固定になるメリットもまた数多くあります。それについて3つほど、雑感をまとめさせていただきました。

・ライブ演出のクオリティが上がる
・『Butterflies』が非常に売れているアルバムである
・こじらせ系ファンにもメリットがある!

ひとつは、ライブ上の演出です。中堅サイズ程度のライブハウスでなら、バンド演奏以外の演出は照明が中心になります。しかし今回のような大規模なスタジアムツアーの場合、スクリーン演出やそのほかで、かなり詳細を煮詰めていく必要があります。特に今回は『Butterflies』の世界観を演出するために、様々なクリエイターが提案した光や映像を大胆にライブに取り入れています。そうすると、毎回曲を入れ替えることでの煩雑さがつきまといます(その分、多く作らなければいけませんからね)。緻密にライブそのもののクオリティを求めていくなら、セットリストはひとつに絞り、そこにリソースを注ぎ込むというやり方はスマートであると言えるでしょう。特に、大きな人気のある……アリーナは当たり前……みたなバンドは、実はけっこうそうだったりします。最近のMr.Childrenも、ゆずも、セットリストは固定です(最終公演などで数曲入れ替える場合はあります)。

また『Butterflies』はBUMPにとって、CDの売上が前作を上回った久しぶりのアルバムでもありました。これは『orbital period』以降、初動の売上枚数が下がり続けていたBUMPにとって、非常に大きなトピックです。これも、『RAY』前後のテレビ出演や、大きなタイアップ、曲そのもののスケールなどをバンドが意識していった結果が出ているのだと思います。はじめてBUMPを聴く人、はじめてBUMPのライブに行く人が、ここにきて増えてきている可能性が十分にあります
そう考えると、今回のセットリストは「はじめてのバンプライブ」を迎える方にとっては、聴きたい曲が一気に聴けちゃうような、豪華なラインナップであると言えます。まだライブDVDすら買っていない、SONGSで聴いた曲とおんなじだ! 的な感激が、このセットリストなら感じられるでしょう。この曲目は、BUMPにとっては「十八番」が揃っているものです。回数を重ねて演奏しているからこそ、熟練のパフォーマンスが楽しめるといえるでしょう。もっと言えば、ここで新規ファンを捕まえておき、また徐々にディープな方向に引きずり込んでいく……という戦略だって、本当は考えられなくもないのです(ホールツアーをやっているMr.Childrenなども、そんな感じがしますね)。

……で、かなりコジらせてる系のBUMPファンにとっては、ちょっと、かなり、うーん、今回のツアーは正直ちょいとつまらないのではないか! という感じ……ええ……わかります。かなり判ります。
しかし今日、私は気づいてしまったのです。
いつもライブに行く度に、「ウワッ!この曲久しぶり!」「最後に演奏したのってGGT以来じゃないのッ!?」とか瞬時に計算してしまったり、「レアなライブに来てしまった……!」とか考えちゃうあなた、そうつまりわたしでもありますが、実は結構その興奮で曲が冷静に聴けていない場合があるのではないか……? 確かに今後のツアーもこればかりではつまらないけれど、ぶっちゃけ『20』は大満足だったし(昇天しかけたし聖なる騎士になりかけたし)、今回はむしろ先にセトリも全部知ってたほうがそれはそれで肩の荷降ろして没入して楽しめるんじゃね? “めったに演奏してくれない曲”にがっつかずに、何も気にせずに「天体観測」でピョンピョン跳ねられるんじゃね? いままで聴きなれてた曲も、気にしてなかったくらい聴きこめるんじゃね? と、いうことを……。
そんなわけで、日産スタジアム、ここにきてもう一回頑張ってとってみようかな、と思い始めた今日このごろなのでした……。

おしまいです!

『BLFY』ツアー セットリスト(大阪二公演・名古屋公演共通)

1.Hello, world!
2.パレード
3.K
4.カルマ
5.ファイター
6.宝石になった日
7.流星群
8.大我慢大会
9.孤独の合唱
10.ダンデライオン
11.GO
12.車輪の唄
13.supernova
14.ray
15.虹を待つ人
16.Butterfly

En.天体観測
posted by ゆうろく at 20:36| Comment(4) | TrackBack(0) | ■REVIEW

2009年04月14日

バラバラ・シングルレビュー01

ごっちゃBOX!!シリーズ
バラバラ・シングルレビュー
「三日月」/「Last Love Letter」/「ワンルーム・ディスコ」
「染まるよ」/「ランデヴー」
5枚のシングルを一挙紹介!全部ジャンルがバラバラですが……。
日々、音楽は色々聴いたり聴かなかったりしている訳ですが、今日は5枚、シングルCDをレンタルして参りましたー。
くるりの「三日月」、チャットモンチーの「Last Love Letter」、Perfumeの「ワンルーム・ディスコ」、チャットモンチーの「染まるよ」、YUKIの「ランデヴー」だ。いずれも発売して、または話題になって、随分経ってしまっているな。
流行に乗り切れないブログだこと。
あまりそれをステータスにした所で、どうしようもないぞ。
……さて、特筆すべきは、くるりの「三日月」。全曲、素晴らしすぎ
とろとろに蕩けそうな表題曲「三日月」、夜の街の風景を淡々と描き出した秀作。あえて挙げるならば、テーマは「寂しさ」だろうか。
ジャケットの写真も良いですねー。すっごく、このCDの雰囲気に合っていると思います。
カップリングの「かごの中のジョニー」も見事。ニヤリとさせる歌詞だ。さあて、"ジョニー"とは一体何者なのだろうね。とりあえず、「男の子」だろうな。
後半は、くるりの「ジュビリー」を彷彿とさせるようなカオスティック(?)な後奏へと続く。フィドルが入っていて、最後まで軽快さがかき消されないね。
そして秀逸なのが「夢の中」だ!これはカバー曲なのだけれど、歌詞、世界感、そしてアレンジ!見事!
<はたらいて はたらいて 汗にうもれて/まちがえて まちがえて 手も足も出せなくて/淋しいよって 泣いてても 何ももとへはもう もどらない/欲しいものはいつでも 遠い雲の上>(作詞:BO GUMBOS、シングル「三日月」より)。……もう、これを書き抜いただけでも涙が出てくるんですが
ラストのコーラスが、また泣かせる。これ、掛け値なしに素晴らしいから、ぜひシングルで手にとって頂きたいな。
さて、二枚目のチャットモンチー「Last Love Letter」。ネットラジオでもご主人が取り上げていたと思うけれど、チャットの最新アルバム、『告白』の先行シングルだった。
ただ、アルバムは良かったんだけれど、この曲だけはシングルバージョンのほうが良くてなぁ……。そんな訳で、勢いで借りたぞ。
カップリングの「片道切符」がなかなかの出来です。格好良い冒頭から、最後まで貫かれる潮風のような力強さが印象的だね。
三枚目はPerfumeの「ワンルーム・ディスコ」。オリコン1位を獲得したシングルだ。
PerfumeをちゃんとCD単位で聴くのはこれが初めてなんだけれど、この表題曲が素晴らしいのはね〜、とにかく、ある一点!その一点がずば抜けて良いのです。この話は、今週木曜日に更新予定の、ご主人がやっているネットラジオ・「notes-note」の第五回で取り上げる予定です!
ただ、カップリングはちょっと微妙だったかな……。
四枚目は、ふたたびチャットモンチーで「染まるよ」。このシングルがチャットモンチーの転換点となったようなので、カップリング目当てのレンタル。
二曲目の「愛捨てた」。すれ違った二人の、最後の一瞬を描いた、つまり「愛してる」が「愛してた」に切り替わるその一瞬を描いた作品だ。
<こんなに悲しい夜でさえ/やっぱりお腹は 空くのだから/私は まだ 人を好きになるのでしょうか>(作詞:高橋久美子、シングル「染まるよ」より)というあたりは、アルバム『告白』と通づる所がありますね。地球の片隅でだれか二人の愛が途切れたとしても、相変わらず人間はお腹が減って、その間に陽は沈んで、そしてまた明けて来るという……。
三曲目の「RPG」も面白い。タイトルのアイディアを最大限引っ張った内容だ。
最後は、YUKIの「ランデヴー」です。前作「汽車に乗って」以来、久々のシングルリリース。売上はあまり良くなかったみたいなんだけれど、未だにSONY MUSICのサイトでは試聴曲ランキング上位です。
表題曲は、「星屑サンセット」のスタッフによるポップチューンなんだけれど、歌詞がなかなか良く出来ている!ラブ・ストーリーではあるけれど、ラブ・ソングとは少しだけ外してあるんだな。
<歓びも哀しみも 人の行く道 寄り添っているから/笑わせたいな 特別なキスの魔法で 君を守ろう>(作詞:YUKI、シングル「ランデヴー」より)。……大切な人を守りたいのならば、その人にキスしてあげればいいんだってさ!
……ほう。
……うん。
……畜生!畜生め!!!
ああ!こういう歌詞をな、さらっと書いちゃうところが、YUKIだよねえって言うか、全く本当に、畜生ですよね!いいぞ、いいぞ!
そして忘れてはならないのが、カップリングである「ミス・イエスタデイ」。正直、これ、イントロは地味だが両A面クラスの名曲だ。
後半になるほど、畳み掛けるような展開を見せます。YUKIには比較的珍しい、具体的な描写が出てきて驚かされます。
<転んで起き上がれずに 笑った/ほどけてた靴紐は ちぎれた/見えなくなっても 手を振って!/いくつも恋を結んではすぐに手放した/慰めを欲しがった幼さと/未来を引き換えに/何が待っているの?>(作詞:YUKI、シングル「ランデヴー」より)。人間の運命や、一生といったような、両手に収まりきらない壮大なモチーフを、身近な小道具から鮮やかに切り出している。
という訳で、5枚のシングルCDを一挙にレビューしてみました。
歌詞から音楽を読み解くネットラジオ、「notes-note」も宜しくだ。
今回に関しては、特にくるりの「夢の中」と、YUKIの「ミス・イエスタデイ」。どちらもカップリングなので、多分アルバムには入りません!注目です。
posted by ゆうろく at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■REVIEW

2008年12月27日

カメラマン・アジカンの目線『サーフ ブンガク カマクラ』

ASIAN KUNG-FU GENERATION 5th Album
サーフ ブンガク カマクラ
カメラマン、アジカンの目線。
現在、ウェブサイトの再リニューアルに着手しています。表示が崩れる場合がありますが、ご了承下さい。
さーて、今日はおススメアルバムを持ってきましたよ!
ほほう、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『サーフ ブンガク カマクラ』?最近どのブログでも見かける作品じゃねーか……。
だけど良いんだよ、これが!この作品はアジカンの5枚目のオリジナルアルバム。全ての曲で湘南を舞台としていて、それぞれに江ノ島電鉄の駅名をタイトルに冠しているコンセプトアルバムです。
この作品の大きな特徴として、作品延長の短さが挙げられる。多くの曲が3分を切っていて、全部通して聞いても30分ほどしかない。
一曲の密度が決して高くないから、もともと断片的な情景を描く歌詞を得意としてきたアジカンには好都合のフィールドな訳です。
過去には「海岸通り(アルバム『ソルファ』収録)」って曲が人気だったけれど、今回はさらに「湘南の海」というバッチリなモチーフを設定していて、結果的になかなか多彩な主人公達が揃ったラインナップになっている。「鵠沼サーフ」は孤高に波に挑むナイーヴなサーファー少年だったり、「江ノ島エスカー」はまだまだウブな『埼玉のヤンキー』の恋物語だったり。
単に失恋を描いた曲でも、バラードからアップテンポまで揃っていて、曲の面でも充実しているね。「腰越クライベイビー」なんて、「腰越」という単語からうまく広げたな〜、って感じで。
ただまぁ、情景を創造できるかは、実際に江ノ電に乗った事があるかが少々重要かもしれない。乗った事があるだけじゃなくて、あの海岸線をドライヴしたことがあるかは大きいかもな。ちょっとでも知っているとね、「七里ヶ浜スカイウォーク」の『海辺のファーストキッチン』って言葉が出るだけで「うおっ!」となるからね。
少しづつ登場させてるご当地小道具の使い方が上手いんだよな〜。タイトルにもあるけれど、やっぱり『ブンガク』の名を冠してるだけあって……小説というよりはもちろん詩なわけだけれど、「由比ヶ浜カイト」の詩を<それでも何度も君を探して 空に何度も弧を描くトビ>と終わらせる感じ――、人間ではなくて、あの辺でよく飛んでる"トビ"に仮託させる事で、最後は主人公の想いを全部大っきな空に乗せちゃうあたりが詩人であると同時に、小説的だと思う。
ご当地モノの詩を描くなら、もっと徹底しても良かったわけだが、あえて登場させる湘南海岸のモチーフをかなり絞っている。ほとんど想像で詩を書いてるとは思うんだけれど、そんな風景の一枚一枚の切り取り方が本当に瑞々しいというか……。結果的にはこの作品、なかなか普遍的なものになったんじゃないかなと思うぜ。この湘南の風景を映画で撮っちゃうと、なにもかも全部記録され過ぎちゃうし、小説でもディティールを突き詰めると「時代」が持つ雰囲気が抜けきらなくなるけれど、この音楽は時代の「古臭さ」をうまく削り落としつつも、この時代の若者が持ってる「湘南の(センチメンタルな)空気感」をすごく上手に封じ込めているように思うな。
「相手に想像させる作品」は、享受する相手にも書いた本人と共通したフィールドが必要とされるけれど、この作品の描き方は、その地雷を上手く潜り抜けている気がします。収録されている一曲一曲は有名にはならないだろうけれど、このアルバムは今後のアジカンのキャリアの中でも異色作になるだろうし、同時に代表作にもなるんじゃないかな?
もしかしたら、『ASIAN KUNG-FU GENERATION』というバンドよりも長く生き残っていくような気もする。「バンド名はよく判らないけれど、湘南と言えばこれを聴いとけよ!『サーフ ブンガク カマクラ』!」みたいに。ぜひ今10代、20代の皆様、このアルバムをじーっくり聞き込んで、そんで40、50代になってから噛み締めるように聴きなおして下さい(笑)
結婚して、子供が出来て、夏休みに家族全員で湘南へドライブに行く際は、129号線を折れたあたりでこのアルバムの再生ボタンを押してね!みたいな。ああー、いいなぁ!w
そういう、世代の共通言語にもなり得る作品だ。このアルバムはジワジワ売れるといいな。あとは私たちが、どんな作品に価値があるのかを見極めて、このアルバムを"消費"の荒波から協力して拾い上げなきゃいけない。ご存知の通り「バンプ的な」ロックミュージックがブームになっていて、似たバンドがどんどん出てきてる現在で、本当にいい作品を風化させない為にはどうすればいいか、みんなで考えていきたいな。
ひとつ、このアルバムの残念なポイントを挙げるとするならば、この作品を聴いて「アジカンいいね!」ってなった人に、『ワールド ワールド ワールド』とかは薦めづらいということ(笑)
このアルバムのどこが好きになったかが大事だね。歌詞や世界観だ!って言われた場合、他のアルバムを聞くとガッカリされるかもしれん……。
スイッチが入ればどっぷりと浸かれる魅力的な作品世界を持つアルバムです。ぜひ手にとってみてください。
posted by ゆうろく at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■REVIEW

2008年11月04日

『親知らず』&『スピードとナイフ』/ウラニーノの新情報……?

現在、ウェブサイトの再リニューアルに着手しています。表示が崩れる場合がありますが、ご了承下さい。
なかなか更新頻度って増やせないものだね。
最近聞いた「いい曲」って何があっただろうか?
チャットモンチーの「親知らず」が良かった!これはー、東京で一人暮らししてる20代〜30代の方にぜひ聞いて欲しいです。
<あっという間に時が過ぎ いつの日か優しくなって
 明日明日と気長なふりで 「ありがとう」 とか何を今更>(「親知らず」/作詞:高橋久美子)
メロメロ〜な親子ソングでない点も、媚びてない感じが潔いし、だからこそ生きてくる「大丈夫!」の一言が力強い。
それと、ザ・クロマニヨンズの「スピードとナイフ」。
この曲はすごいな。歌詞自体は全然具体的な内容ではないのだけれど、「ああ、あれも変わるスピードの違いだったのか・・・」なんて思い起こされる事がどんどん出てくる。
青春だよね。青春の痛みだよね!
・・・いざ連呼されると気持ち悪いぞ。
本当に短い歌詞の中に、グサリと胸を抉ってくるフレーズがここまで詰め込まれている。
構成も特に凝っているわけではないから、なおさらサビの歌詞が頭の中でリフレインする・・・。切ない、なー。
さて、今週はスピッツ久々の新曲「若葉」も出たし、ゆずがゆず全開な「シシカバブー」も発売したみたいだし、来週にはレミオロメンのニューアルバムもレンタル解禁と、また音楽生活が忙しくなりますね。
バンプはしばらくお休みとして、ウラニーノは大阪でのライブを成功させたそうで、お疲れ様!
さて、このライブの公式サイトは・・・・っと
・・・ん?ウラニーノにRELEASE INFORMATION?
ニューリリースは来春予定。』・・・?
・・・お?
・・・うわ?
これは、気がつかない人のためには、そっとしておいたほうが・・・いいのか?
うう・・・?
と言う訳で、リニューアル中のご挨拶もかねたフリートークで今回はお送りした。
来春ということは、もう契約先も決まって・・・?
シーッ!
posted by ゆうろく at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■REVIEW