2016年07月19日

BUMP OF CHICKEN「20」Blu-ray版 隠しトラックの出し方

あくまで僕の再生環境なので、間違いがあるかもしれませんが……。

1.Blu-rayを挿入して本編を一度全部見る(早送りOK!)
2.あるいはメニュー画面から「ALL PLAY」を選択し、本編を全部見る(早送りOK!)
3.メニュー画面から戻ったら、その状態で20秒放置
4.メニュー画面が一瞬切り替わり、「BUMP OF CHICKENのテーマ」のボタンの色だけが変わるので、そこを「選択」→「決定」

……で観ることができました。
ボタン操作などで「メニューに戻」らず、本編を見終えてから自動的にメニューに戻る必要があります。
ちなみに一度観ると、もう一度Blu-rayを取り出して「最初から再生」しないと、見ることが出来なくなるようです。

番場秀一、やってくれました……!

□良ければうちのコンテンツも、見てってね!

BUMP OF CHICKEN全曲リスト
http://notes.sblo.jp/article/27351061.html
ベスト発売記念!バンプ「隠しトラック」の世界一詳しい全曲解説 前編(1998-2005)
http://notes.sblo.jp/article/68255115.html
ベスト発売記念!バンプ「隠しトラック」の世界一詳しい全曲解説 後編(2006-2013)
http://notes.sblo.jp/article/71617355.html
【個人的メモ】BUMP OF CHICKEN、インディーズ時代の未発表楽曲
http://notes.sblo.jp/article/57779970.html
posted by ゆうろく at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■BOC - コラム

2015年02月04日

BUMP OF CHICKEN「WILLPOLIS 2014」Blu-ray版 隠しトラックの出し方

あくまで僕の再生環境なので、間違いがあるかもしれませんが……。

1.Blu-rayを挿入して「最初から再生」する(一度中断して見ていないこと、詳しくは機器のマニュアルなどで……)
2.本編を一度全部見る(早送りOK!)
3.メニュー画面から「ALL PLAY」を選択し、本編をもう一度全部見る(早送りOK!)
4.「3」をもう一度繰り返す
5.メニュー画面から戻ったら、その状態で20分15秒放置
6.メニュー画面が一瞬切り替わり、画面中央やや左側の建物の明かりがつくので、そこを「選択」→「決定」

……で観ることができました。
ちなみに一度観ると、もう一度Blu-rayを取り出して「最初から再生」しないと、見ることが出来なくなるようです。

とっくんだ、とっくん!

□良ければうちのコンテンツも、見てってね!

BUMP OF CHICKEN全曲リスト
http://notes.sblo.jp/article/27351061.html
ベスト発売記念!バンプ「隠しトラック」の世界一詳しい全曲解説 前編(1998-2005)
http://notes.sblo.jp/article/68255115.html
ベスト発売記念!バンプ「隠しトラック」の世界一詳しい全曲解説 後編(2006-2013)
http://notes.sblo.jp/article/71617355.html
【個人的メモ】BUMP OF CHICKEN、インディーズ時代の未発表楽曲
http://notes.sblo.jp/article/57779970.html


posted by ゆうろく at 23:26| Comment(4) | TrackBack(1) | ■BOC - コラム

2012年08月25日

【個人的メモ】BUMP OF CHICKEN、インディーズ時代の未発表楽曲

結成すぐから千葉での活動、下北沢への進出までのBUMP OF CHICKENは、主にカバーと、藤原による英詩のオリジナル曲が中心だった。
1996年頃から『FLAME VEIN』直前の1998年末までに藤原が作曲したオリジナル楽曲のほとんどは、現在に至っても音源未発表のままである。
ただ、ごく初期のデモテープ音源や、早くからバンドに着目していたスペースシャワーTVなどのライブ映像収録・放映などで収録され、現在でも奇跡的にブートなどで出回る音源もいくつか現存している。
その他、「ヒストリーブック」(2004年にプレゼントとしてのみ制作された、メンバーがごく初期を振り返るインタビュー集)などで存在が示唆されている楽曲などを、まとめている。

■初期デモテープ音源、ブートなど聴くことが出来る
「BUMP OF CHICKENのテーマ」(「BUMP OF CHICKEN」とも紹介される)
「18 years story」
「トランス・ライフ」
「デザート・カントリー」
((バンド初のオリジナル、作詞は藤原単独ではなく、全員で)
「ホンコンスター(香港スター)」一部資料には藤原の最古の曲との表記もあるが不明)

■初期バージョン、「グロリアス〜」は英語詩版
「DANNY」(初の藤原単独による作詞・作曲)
「グロリアスレボリューション」


■曲名のみ確認、ヒストリーブックで藤原が明言しているもの
「ワースト・ライフ」
「モーニング・グロウ」
「サンシャイン」


いずれも1996年〜1998年頃までの作曲。「BUMP OF CHICKEN」を除き全て英語詩。

「デイ・ドリーム・ビリーバー(モンキース)」「コスモス(スパイパス)」「レット・イッ
ト・ビー(ビートルズ)」
は、カバー。
「グロウン・アップ・パーソン」はカバーのはずなのだが、オリジナルアーティストが分からない。ご存知の方ご教授頂けたら嬉しいです。
「弱虫賛歌」は藤原が17の時に書いた未発表曲で、のちの「バイバイサンキュー」。バンドとして演奏した記録が残っていないので載せていない。
※以上の楽曲以外は、基本的にデマ。これとは別にラジオなどで歌われたものが未発表曲とされることもある(カバーや即興曲など)。
posted by ゆうろく at 16:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ■BOC - コラム

2009年01月17日

何様俺様質問箱/バンプよくある質問集001

新企画!何様俺様質問箱
バンプよくある質問集
/001
Q.
『車輪の唄』、シングルバージョンとアルバムバージョンの違いは何?

A.
一番分かりやすい箇所ですと、後発のシングルバージョンでは、2番の「一昨日買った大きなかばん〜」の部分に「Woo woo...」というコーラスが足されています。

ラストの「約束だよ〜」の場所にも、高い「ラーラー」というコーラスが入っています。

Q.
BUMP OF CHICKENの新曲、次はいつ出るのでしょうか?

A.
あくまでも目安の話、ということはお断りしなければなりません。本当のリリースのタイミングは、メンバーですら知らないものでしょう。

その上でですが……。リリース間隔が長いとされるバンプですが、過去に「一年以上何もリリースされなかった」事が一度しかないので、現在(2009年1月)の場合、『present from you』が発売した昨年6月から1年後、つまり、遅くとも2009年6月までには1枚出るだろう、と予想出来ます。繰り返しますが、単純計算上の話です。

Q.
今年のap bank fes'09にバンプが出演する可能性はあると思いますか?

A.
たぶん無い、というレベルだと思います。ご存知の通り、bank bandのフロントマンである桜井氏は、BUMP OF CHICKENの熱烈なファンで、テレビでも度々公言しています。当然、bank fesへのオファーも度々行われているでしょうが、これまで実現していません。

ap bank fes自体、桜井氏の個人的な繋がりで出演が決まる事もある一方で、もともとBUMPは交友関係がそれほど広くないということもあります。また、藤原自身、環境問題を提議する事に関しては、桜井氏ほど積極的ではないとされます。音楽を通じた社会的な活動自体を否定をしてはいませんが、自身の作品をプロパガンダに使われることは嫌うようです……ここは私観ですが。実際、Mr.ChildrenやBank Bandの楽曲と比べてみても、BUMP OF CHICKENの楽曲は、直接的に社会問題を取り上げた楽曲はほとんどありません。

そんなわけで、おそらく今年も出演する確率はさほど高くないと言えます、が、「可能性」という点では、ゼロではないでしょう。ap bankも夏フェスであり、その一巻として出演する、あるいはbank bandからの熱烈なオファーをついに受ける、という可能性も、やはりあります。

ただ、今から出るだろうと決めてチケットを買ったり宿を押さえるのは、あまりおススメ出来ないかな〜。

posted by ゆうろく at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■BOC - コラム