2013年08月29日

ベストアルバム発売記念ライブ at 千葉 QVCマリンフィールド 2013.08.09. セットリスト&ライブアルバム化の可能性?

BUMP OF CHICKENベストアルバム発売記念ライブ
at 千葉 QVCマリンフィールド 2013.08.09.

01.Stage of the ground(7:40)
02.firefly(6:32)
03.虹を待つ人(3:59)
04.オンリーロンリーグローリー(4:51)
05.プラネタリウム(5:29)
06.花の名(6:02)
07.ダイヤモンド(4:57)
08.星の鳥〜メーデー(6:15)
09.カルマ(4:20)
10.K(3:42)
11.天体観測(5:08)

En.ガラスのブルース(6:18)

始まる前はここまでとは……と思っていなくもなかったが、終わってみればBUMP OF CHICKEN史上の金字塔を打ち立てた感のある特別なライブとなった『ベストアルバム発売記念ライブ』(もうちょっといい名前がついてたらよかったね……)。
ザイロバンドを全面導入し、視覚的にも新しいライブだったが、それ以上にメンバーのテンションがむちゃくちゃ高く、藤原が度々「どうもありがとーーー!!」と絶叫するという、驚愕すら覚えるほどの高揚感には本当に感激した1時間半だった。選曲もアップテンポからバラードまで緩急良く揃えられているが、『COSMONAUT』収録曲からゼロだったのだけが残念だった。
実は……、今年3月のPONTSUKA!!で、メンバーが野外ライブについて示唆する発言をしていて(もちろんこのライブの正式発表前)、「GOLD GLIDER TOURではお客さん側のマイクがうまく取れなかったが、野外でのライブならよく録れる」「ライブ映像作品はともかく、ライブアルバムには昔から憧れがあった」と話していた。なので私は個人的に、この公演のライブアルバム化はありえるのではないかと思っている。映像として綺麗なのは勿論だけれど、さすがに90分の公演をライブDVDとして単独で商品化するのはちょっと難しそう。かといってアルバムの初回盤にくっつけるタイプのバンドでもないし……。そこでライブアルバムだ(おまけでDVD?)。計ってみると、全12曲で収録分数は約69分(YouTube配信された当日のライブ音源よりざっくりと計算、当ブログ調べ)だった。まさにCDに収まるサイズを想定したような分数ではないか! おっとっと、隠しトラックまで入れられてしまうぞ!!
なんて言って、外れたら恥ずかしいけれど、言い方を変えます。ライブアルバム化希望!!
posted by ゆうろく at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■BOC - NEWS

2013年05月15日

【小ネタ】BUMPベストアルバムのジャケットを観察してみた

19992004.jpg
BUMP OF CHICKEN I<1999-2004>

20052010.jpg
BUMP OF CHICKEN II<2005-2010> ※追記も参照

オリジナルはこちらなどを参照。
蜷川実花のInstagramでも観ることが出来るが、配置が変わっているので参考にならないかもしれない。

■追記(2013.05.23.)
<2005-2010>のジャケット中央、犬の写真があるが、これはシングル『ハルジオン』の隠しジャケットに登場している
増川の飼い犬(当時?)の「おおじろう」だ。もしやと確認したら、ほぼ間違いなし。
当時の写真の別テイクかもしれない。何が「DANNY」だー! 恥ずかしい!


posted by ゆうろく at 11:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ■BOC - NEWS

2013年04月12日

BUMP OF CHICKEN初ベスト解説〜「BUMP OF CHICKEN I<1999-2004>」&「BUMP OF CHICKEN II<2005-2010>」

BUMP OF CHICKENの初となるベストアルバムの発売・内容が2013年4月12日(藤原基央の誕生日)発表された。

BUMP OF CHICKEN I<1999-2004>
01.ガラスのブルース (初出:『FLAME VEIN』1999/03/18)
02.くだらない唄(初出:『FLAME VEIN』1999/03/18)
03.ランプ(初出:「シングル」1999/11/25『THE LIVING DEAD』2000/03/25)
04.K(初出:『THE LIVING DEAD』2000/03/25)
05.ダイヤモンド(初出:「シングル」2000/09/20『jupiter』2002/02/20)
06.天体観測(初出:「シングル」2001/03/14『jupiter』2002/02/20)
07.ハルジオン(初出:「シングル」2001/10/17『jupiter』2002/02/20)
08.Stage of the ground(初出:『jupiter』2002/02/20)
09.スノースマイル(初出:「シングル」2002/12/18『ユグドラシル』2004/08/25)
10.ロストマン(初出:「シングル」2003/03/12『ユグドラシル』2004/08/25)
11.sailing day(初出:「シングル」2003/03/12『ユグドラシル』2004/08/25)
12.アルエ(初出:『FLAME VEIN』1999/03/18「シングル」2004/03/31)
13.オンリー ロンリー グローリー(初出:「シングル」2004/07/07『ユグドラシル』2004/08/25)
14.車輪の唄(初出:『ユグドラシル』2004/08/25「シングル」2004/12/01)

BUMP OF CHICKEN II<2005-2010>
01.プラネタリウム(初出:「シングル」2005/07/21『orbital period』2007/12/19)
02.カルマ(初出:「シングル」2005/11/23『orbital period』2007/12/19)
03.supernova(初出:「シングル」2005/11/23『orbital period』2007/12/19)
04.ギルド(初出:『ユグドラシル』2004/08/25「人形劇ギルド」2006/09/20)
05.涙のふるさと(初出:「シングル」2006/11/22『orbital period』2007/12/19)
06.花の名(初出:「シングル」2007/10/24『orbital period』2007/12/19)
07.メーデー(初出:「シングル」2007/10/24『orbital period』2007/12/19)
08.R.I.P.(初出:「シングル」2009/11/25『COSMONAUT』2010/12/15)
09.Merry Christmas(初出:「シングル」2009/11/25 アルバム初収録
10.HAPPY(初出:「シングル」2010/04/14『COSMONAUT』2010/12/15)
11.魔法の料理 〜君から君へ〜(初出:「シングル」2010/04/21『COSMONAUT』2010/12/15)
12.モーターサイクル(初出:「シングル」2010/10/13『COSMONAUT』2010/12/15)
13.宇宙飛行士への手紙(初出:「シングル」2010/10/13『COSMONAUT』2010/12/15)

インディーズ・初期楽曲の選曲はスタッフによって行われたようで、後は機械的なリリース順となっている。『FLAME VEIN』から「ガラスのブルース」の選出は順当だが、現在でもライブで頻繁に歌われる「リトルブレイバー」ではなく「くだらない唄」という辺りは少々意外か。最も驚かされたのは『jupiter』からシングル曲ではない「Stage of the ground」の選出。BUMP OF CHICKEN指折りの傑作のひとつであり、嬉しいサプライズである。
時期は、「T」がアルバム4枚から、「U」がアルバム2枚からとやや偏っているが、年代順とする以上はおそらくやむ終えないだろう。そして『ユグドラシル』発売でBUMPの楽曲は一区切りが入っているので、ここで切るのが正解だろうと思える。
ただし、あまりに選出がリリース順すぎて、初期の楽曲である「アルエ」が12曲目に唐突に表れたり、「U」の方に「ギルド」が(「人形劇ギルド」のタイミング)入るなど、もうちょっと曲順は工夫されても良かったような感じ。それでも、『U』の方は両A面の順序を引っ繰り返して「宇宙飛行士への手紙」で終わるような工夫がなされているし(機械的に言えば「モーターサイクル」が最後となる)、2曲目に「カルマ」が入る選び方がされてもいるなど、若干の工夫が施されているのは妥当と言えるだろう。
これで選出は、『FLAME VEIN』3曲、『THE LIVING DEAD』2曲、『jupiter』4曲、『ユグドラシル』6曲、『orbital period』6曲、『COSMONAUT』5曲、アルバム初収録1曲。全27曲。個人的には、ようやくベストアルバムが出てくれるという安堵感が強い。やっと「この1枚から聴きなよ」って友人に言えるよ……嬉しい。そして何よりもベスト盤ツアーがあることが楽しみだ。規模は上がっているがその分争奪戦も厳しいものになるだろう……。


posted by ゆうろく at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ■BOC - NEWS

2010年11月13日

BUMP 6th Album「COSMONAUT」収録曲まとめ

BUMP OF CHICKEN 6th ALBUM
『COSMONAUT』
2010年12月15日発売予定/3059円(税込み)
収録予定曲まとめ

【シングル】
・R.I.P.
・HAPPY
・魔法の料理〜君から君へ〜
・宇宙飛行士への手紙
・モーターサイクル
・(Merry Christmas)?←収録漏れ見込みか

【アルバム初収録曲→雑誌で発表済み】
・angel fall
・分別奮闘記

【アルバム初収録曲→雑誌でこのたび発表】
・イノセント
・三ツ星カルテット
・ウェザーリポート
・透明飛行船

【ほか収録見込み→雑誌で発表済み】
・セントエルモの火
・(please)forgive

(全14曲収録)
posted by ゆうろく at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■BOC - NEWS

2010年02月01日

【速報】バンプ、みんなのうた参戦!新曲「魔法の料理 〜君から君へ〜」を提供

BUMP OF CHICKEN NEWS
『魔法の料理 〜君から君へ〜』
発売未定/価格未定
みんなのうた公式サイトにて「4〜5月の新曲」にバンプ未発表曲の名が!
 2010年2月1日0時頃、NHK「みんなのうた」公式サイトにて、2010年4月〜5月のオンエア楽曲としてBUMP OF CHICKENの未発表新曲「魔法の料理 〜君から君へ〜」が使用されることが発表されました!これはバンプの、2008年から現在にかけての長いブランク内に制作された曲としては、「R.I.P.」「Merry Christmas」以来3曲目となる未発表曲です。

 2009年11月に、実に2年ぶりとなるシングル『R.I.P./Merry Christmas』を発売し、これまで以上にずば抜けたポテンシャルを発揮したBUMP OF CHICKEN。さらに現在も最低7曲以上の未発表曲を抱える充実した状態が続いています。そこから新たにリリースされる3曲目!期待出来ないはずがありません。 

「みんなのうた」タイアップを少々意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、まず「みんなのうた」自体、近年はJ-POPアーティストの登場が多くなっていること(いきものがかり、椎名林檎、宇多田ヒカル、レミオロメンetc...)、そして藤原が度々「童謡のような曲を作りたい」とインタビュー等で公言していたこと、などを踏まえてみると、なるほど「そろそろ来るんじゃないか」と思えなくもなかった組み合わせですね。とはいえ、「みんなのうた」だから「魔法の料理 〜君から君へ〜」も童謡一直線……とは限らない……かも?と個人的には予想しています。ちなみに、映像を担当するのはクリエイターのホッチカズヒロ(発智和宏)さん。なお、BUMP OF CHICKENの楽曲の“全尺”に、曲の内容に沿う形で公式にアニメーションの映像がつけられるのは今回が初めてとなります。
posted by ゆうろく at 01:28| Comment(0) | ■BOC - NEWS