2014年01月14日

「RAY」情報総まとめ/BUMP OF CHICKENニューアルバム

BUMP OF CHICKEN 7th FULL ALBUM
RAY(初回限定盤)
2014年3月12日発売 TFCC-86456/TFCC-86457
全14曲

【1月14日 収録内容発表⇒1月30日 曲順変更】

1.WILL(3:48)
2.虹を待つ人(3:59)
3.ray(5:06)
4.サザンクロス(3:48)
5.ラストワン(4:12)
6.morning glow(4:48)
7.ゼロ(6:55)
8.トーチ(4:17)
9.Smile(8:17)
10.firefly(5:28)
11.white note(3:22)
12.友達の唄(6:14)
13.(please)forgive(4:59)
14.グッドラック(7:04)


隠しトラック.SHODO〜書道〜(出典

TOTAL; -:--:--

初回版限定収録DVD
・Music Video
1.虹を待つ人
2.ゼロ
3.Smile
4.firefly
5.友達の唄
6.グッドラック


・2013.8.9. Live at QVC Marine Field
※当日のセットリストから収録されたものを太字で示す
1.Stage of the ground
2.firefly
3.虹を待つ人

-.オンリー ロンリー グローリー
4.プラネタリウム
5.花の名
6.ダイヤモンド
7.メーデー

-.カルマ
8.K
9.天体観測

-.ガラスのブルース(アンコール)

■初解禁日時
ray(2014年2月18日/TOKYO FM SCHOOL OF LOCK!)※13年10月の武道館公演でライブ披露、テレビニュースでも一部放映
サザンクロス(2014年3月4日/TOKYO FM SCHOOL OF LOCK!)
トーチ(2014年3月6日予定/TOKYO FM SCHOOL OF LOCK!)

■試聴解禁
2014年3月6日より、iTunes Storeなどで全曲の45秒の試聴解禁。


「花の名」「魔法の料理」以上にストリングスを大幅導入した「友達の唄」のリリースを皮切りに、震災復興支援シングル「Smile」の緊急リリース、ゲームミュージックに急接近した「ゼロ」。さらに久々のツアー、リリース、そして2013年には初のライブビデオ、ベストアルバム、スタジアムライブ。スクリーン演出は当たり前となり、ツアー「WILLPOLIS」ではザイロバンドも導入するなど、急激にバンドの存在を拡大させていった一連の3年間が凝縮されたものとなり、これまででも極めて大きな転換点を迎えた中でのリリースとなる。
「WILLPOLIS」というツアータイトルを彷彿とさせる「WILL」という楽曲をトップバッターに(全13曲とされていたが、ここでは14曲となったので、アルバムのイントロ的楽曲である可能性もある)、シングル級の楽曲が並ぶアルバムになるだろう。「morning glow」という楽曲は、実は同名タイトルの曲を藤原は以前に書いており(英語詩時代の1990年代に!)、その関連性も気になるところだ。そして音楽ライターの鹿野淳がその存在を公にしてから、まったく続報がなかった「ジャーンと始まる」楽曲である「(please)forgive」も遂に収録となる。藤原が初の海外旅行に際して思ったことを詰め込んだ楽曲であるというが……。
このアルバムの、一体どのシングルが中核となり、結論となりえるのかは大きな焦点だったろうと思うが、バンドが選んだのは「ゼロ」ではなく、「虹を待つ人」でもなく、「グッドラック」であった。シングルがアルバムの最後に収録され、そのまま終わりとなるオリジナル・アルバムは史上初となる。
また楽曲名には「サザンクロス」(南十字星の意)「morning glow」「トーチ」「firefly」「ray」など、タイトルだけでも“光”を彷彿とさせる楽曲が並ぶ。アルバムタイトル「RAY」は“光芒”という意味だ。
初回盤にはDVDがセットされる。これも初のこととなる。これまでバンドはアルバム単位で切ったPV集をリリースしてきていたが、その法則性が破られることとなった。アルバム収録順に並べられているのも、これまでのPV集と同じ。ただし、完成していることは明かされているのだが「歩く幽霊」のPVは未発表・未収録のままになっている(「GOLD GLIDER TOUR」のプロモーション用に作られた「天体観測」のPVも現状未収録)。こちらの補完、そしてBlu-ray盤のリリースも含め、PV集は改めて出して欲しいところだ。
QVCマリンフィールド映像は、「ビデオポキール」のガラブル、「GOLD GLIDER TOUR」に続き3作目となるバンドオフィシャルのライブ映像。伝説となった昨年の「ベストアルバム発売記念ライブ」(さすがにださいタイトルだったためか、Live at QVC Marine Fieldという名義に修正された)が収められる。やはり恐れていた通り、完全収録とはならなかったのは残念極まりないが(アンコールの「ガラスのブルース」が聞けない!)、それでも全12曲中9曲収録と、かなりがんばった印象だ(3〜4曲かもと思っていたヨ……)。こちらも改めて、おまけではなく、ライブアルバムでのリリースが待たれる。
ツアーは意外と短い。追加があることを祈っていよう。
【2月15日追記】
のんびりペースの追記で恐縮です。『RAY』の同名タイトル曲「ray」の曲順が、13曲目から3曲目に移動され、一時「収録内容は変更の可能性があります」と記されたが、東京ドーム公演発表と同時に表記が消え、再度確定したことがわかった。過去にも確か発表後に、曲順が移動したり、追加されたりした例はあったはずだ(間違えていたらごめんなさい)。ぎりぎりまで模索していることを伺わせている。これで、未発表曲はアルバム前半にかなり集中することになる。シングルを繋ぐ「(please)forgive」がどれほどのポテンシャルを秘めた曲なのかが、非常に楽しみにもなってきた。
そして、バンド初となる東京ドーム公演(ツアーファイナル)と、正に土壇場だがツアー前に新木場STUDIO COASTでの抽選制ライブが決定。どーむ公演はさすがに無理しなくても入れるだろ〜、と思うが、QVCも外れている私にはちょっと不安もなくもない。STUDIO COASTライブの決定はどのような意図なのかは分からないが、スタジオコーストとはいえこれでもツアー(外という扱いだが)最小キャパなので、ホールライブでの熱気を味わうことが出来そうだ。

------------------------------------------
■参考:曲順修正前のもの
1.WILL
2.虹を待つ人
3.サザンクロス
4.ラストワン
5.morning glow
6.ゼロ
7.トーチ
8.Smile
9.firefly
10.white note
11.友達の唄
12.ray
13.(please)forgive
14.グッドラック




posted by ゆうろく at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ■NEW ALBUM